【新着】2分で分かる「新概念のOSプロテクト型とは? 」資料は↑から

 

「OSプロテクト型」エンドポイントセキュリティ

AppGuardは、従来の「検知」型セキュリティの設計とは発想が違います。

何が違うかといえば、従来のセキュリティソフトが、「入られないよう検知して防御」するという発想で設計されているのに対し、
AppGuardは、「入られても悪さをさせない」という考えで作られた製品です。

 従来の「検知・駆除」型
入られないように検知して防御

「OSプロテクト」型 AppGuard
入られても悪さをさせない

 

 

旧概念 vs 新概念

 旧概念 「脅威を探す」=怪しいものを「検知」する

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 新概念 「OSプロテクト型」=OSに対して害のある行為を阻止

AppGuardは、システムを正しく動作・機能させ、不正な行為をプロセスレベルで未然に阻止し
不正な行為を実行させないことで、最新のサイバー攻撃から防御するOSプロテクト型製品です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お客様相談室、コールセンター、総務部門(採用、経理)必見です!

AppGuardは、「ウイルスにたとえ入られても悪さをさせません」

 

大企業のみならず、今ビジネスメール詐欺による被害が増えています。
こんなこと身近で起きていませんか?

「【お問い合わせ】と書かれたメールの添付ファイルを開いたら感染してしまった!
「【請求書】というタイトルの添付ファイルを開いたら感染してしまった!
メールのリンクをクリックしたら不正サイトにアクセスしてしまった!
サイトにアクセスしたら知らないうちにウイルス感染してしまった!

IPAの情報セキュリティ10大脅威2018(組織編)
上位3つがあなたの身近な業務に関係しています!

第1位 標的型攻撃による被害
第2位 ランサムウェアによる被害
第3位 ビジネスメール詐欺による被害

IPA(独立行政法人 情報処理推進機構)調べ

 

もし、これらの被害に遭遇してしまったら・・・

✔ 侵入経路の調査
✔ 感染PCの特定
✔ システム復旧への工程策定
✔ ログ解析、異常通信調査
✔ 被害状況把握、原因追及
✔ 監督官庁への被害届・広報

様々な対応に追われます!

 

AppGuardなら、お客様や取引先から送られてくるメールの添付ファイルを開いても安心です。

正規のアプリケーションを隠れ蓑にした巧妙な攻撃を受けたとしても、システムに害を与える処理を未然に阻止するので安心。
セキュリティ事故が発生した際にデータを解析する専門家や社内に情報システム部門が不足している企業様でも、
導入しているパソコンでの感染を未然に阻止するため、専門家が不足することから生じるリスクを軽減できます。

 

  

 

コンピューターの正しい動作と機能を衛ります

ネットにつながる全てのコネクテッド・システムをサイバー攻撃から衛り、またネット上での“信頼”を確保しプライバシー保護を基に、皆様に「安心」と「安全」を提供致します

評価

1.米国の政府機関での長年の実績があり、過去3年連続でGSN(Government Security News)Homeland Security Awardを受賞


2.アメリカ陸軍のNETCOM (The U.S. Army Network Enterprise Technology Command)よりCertificate of Networthiness (CoN)※1の認証を取得
※1 CoN認証は「AppGuard®」が米国陸軍並びにアメリカ国防省の高水準なセキュリティ・スタンダードを満たしたことを示します

メーカーサイト(US)のプレスリリースはこちらから (英語)

 

AppGuard®テクノロジーのコア技術

1.Trusted Enclaves:コンピューターシステムの「プロセス隔離技術」に関する特許技術

2.Trustable Communities: 「セキュリティ依存関係」をもつソフトウェアコンポーネント管理に関する特許技術

 

  特許取得済みの監視・隔離技術

 

  特許取得済みの自動継承技術

 

「AppGuard®」テクノロジーは、従来のセキュリティ・ソフトウエアと比べ、必要なデバイス・リソースが低く尚且つ高速に動作し、幅広い分野での応用が可能。パソコン等のエンドポイントは勿論、アップデートの必要もなく防御できるという特性からIoT、自動車、スマートフォンへの適用が可能です 。
(順次、「AppGuard®」プラットフォームをベースとしたセキュリティ製品をBlue Planet-works社よりリリース予定)

 

AppGuard Enterprise

エンタープライズ版、管理コンソールを使用しエンドポイントの集中管理が行える製品です。

グループやサイトごとのポリシーの設定やエンドポイントからのログを収集することで集中管理が行えます。

企業ごとのポリシーを導入し管理することが可能です。

管理コンソールはクラウドでもオンプレミスでもご提供が可能です。詳しくはご相談ください。

 

AppGuard Solo

 

専任の情報システム管理者が不足する(もしくは不在の)企業様にお勧め

Windows 7以降に対応しています。

AppGuard Soloは、集中管理体制を必要としない企業に向いています。

PCへインストールするだけで「簡単」にマルウェアを封じ込め、システムの安全性を確保します。

 

 

 

お問い合わせはこちらから