新しい機能

AGMS画面の日本語化
AGMSのインターフェース改善
ポリシーの一括発行
複製グループの作成 ​
信頼された発行元リストのインポート・エクスポート
サマリーイベントモード
ブロックログの集約
セキュリティ強化(Enterpriseのみ)

ご利用上の注意点

新バージョンのEnterpriseおよびSBEのインストール時の注意事項。こちら をクリック
新バージョンのEnterpriseをお使いいただく上で、ご利用上の注意点をご紹介いたします。こちら をクリック

新しい機能の紹介

AGMS画面の日本語化

・管理コンソール画面の日本語化

AGMSのインターフェース改善

・レジストリルールをデフォルトエンクレーブへ統合
・デフォルトエンクレーブの操作性改善(設定数・マルチページ・自動保存など)
・各設定画面での登録数の上限値の緩和

・ライセンス数の表示機能が追加

ポリシーの一括発行

・複数のグループのポリシーをまとめて更新&配布

複製グループの作成

・作成済みのグループをコピーして、新しいグループの作成が可能

信頼された発行元リストのインポート・エクスポート

・エクスポートした発行元リスト(デジタル署名)を他のグループへ適用可能
・実行ファイルをアップロードしてデジタル署名情報の読み取りが可能

サマリーイベントモード

・一定期間に出力される同一イベントを1レコードに集約し、発生回数をログ出力

ブロックログの集約

・従来、AppGuardブロックが発生すると4件出力していたログを1件のログで出力

セキュリティ強化(Enterpriseのみ)

・起動不許可プログラムの追加
・Chromeブラウザのセキュリティ強化
・DLL読み込みの制限

インストール時の注意事項

インストール終了後、下記のようなメッセージが出力される場合がございますが、特に問題はございません。
「OK」ボタンをクリックし、そのままインストールを終了してください。